「十布(テンプ)」は、イラストレーター福田利之のクリエイティビティで、様々な種類のテキスタイル、布プロダクトを製作、発信していくブランドです。2013年夏にtenp01「正方形のダブルガーゼ」、2013年冬にtenp02「福島の刺子織」を発表しました。
布それ自体が持っている特徴や風合い、製品をつくりだす職人さんの経験と技術、生産地各地で育まれてきた伝統や思想。十布はひとつひとつの製品を丁寧につくりだしていくことを大切にしています。

お知らせ

2017年09月19日 イベント

「赤い金魚と 赤いとうがらし」刊行記念 福田利之原画展 at ブックスキューブリック


2017年9月19日(火)〜10月15日(日)
(月曜定休)
カフェ&ギャラリー・キューブリック
ブックスキューブリック箱崎店(福岡市東区箱崎1丁目5-14 ベルニード箱崎2F )
【展示・販売】『赤い金魚と赤いとうがらし』刊行記念 福田利之 原画展
11:00~18:00
展示詳細はこちら

ブックスキューブリック箱崎店さん2階にある「カフェ&ギャラリー・キューブリック」で行われる福田利之原画展の開催期間に、十布の商品も販売していただきます。テテリアさんがこの展示のために用意した、赤いハーブティーも数量限定で販売予定とのこと。
赤い金魚の世界と共に、十布のプロダクトもお楽しみください。

2017年09月19日 メディア

CLUEL10月号に十布のプロダクトが掲載されました


CLUEL 10月号 9/12日発売

CLUEL 10月号「塚本太朗のショップ・マスト・ゴー・オン」(p.154)のページで、十布をお取り扱いいただいているAssist Onさんが紹介されており、その中に十布の刺子織のハンカチ・大判ハンカチが掲載されております。

デザイン性だけでなく、使いやすさも優れている商品がたくさん揃っているAssist Onさんは、7/21に神保町にリニューアルオープンしています。神保町にお越しの際は、ぜひ訪れてみてください。

2017年09月08日 イベント

フィンランド・デザイン展 at 府中市美術館


2017年9月9日(土)〜10月22日(日)
休館日:月曜日 (9月18日、10月9日をのぞく)、9月19日、10月10日
府中市美術館(東京都府中市浅間町1-3)
【販売】府中市美術館ミュージアムショップ
(フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展)
10:00~17:00

一般 900円(720円)
高校生/大学生 450円(360円)
小学生/中学生 200円(160円)
展示詳細はこちら

フィンランド独立100周年記念で日本全国を巡回中の「フィンランド・デザイン展」が府中市美術館で開催されます。
会期中、府中市美術館ミュージアムショップにて、tenp+(コラボレーション)の、フィンランドのリネンメーカー「Jokipiin」で製作したオリジナルのフィンランドリネン「四羽の鳥」と、ロバニエミ在住のデザイナー浦田愛香さんとのコラボレーションで作った「フェルトバッグ(グレー)」が販売されます。

フィンランドデザインの巨匠から最新のデザイナーまで、フィンランドの人々に愛されてきたデザインが一堂に会する展示と共に、十布がフィンランドで出会った人たちと一緒に作り上げたプロダクトもぜひ手に取ってご覧ください。